» 未分類のブログ記事

注意事項

| 未分類 |

妊娠中は悪阻や心配事などで、何かと気分のアップダウンが激しくなります。
情緒不安定ではお腹の赤ちゃんにも良い事はなく、常にリラックスした気分でいる事が大切です。
そのためにも香りを楽しむアロマテラピーは気持ちを落ち着かせ効果があり、妊娠している時も有効とされています。
ただし注意事項として、精油を選ぶ時は成分を確かめる必要があります。
妊娠中に絶対に使ってはいけないもの、初期に使ってはいけないもの、中期以降なら大丈夫のもの等、精油によって性質はそれぞれです。中には早産や流産する可能性がある精油もあるので注意が必要です。
基本的に芳香浴として利用する場合はそれほど気を使う必要もないのですが、アロマオイルでの体のトリートメントや、オイルを垂らして入浴するアロマバスなどは、直接皮膚に付着する行為です。
普段は特に異常を感じなかったとしても、妊娠中は敏感肌にもなりやすいので、皮膚のトラブルを起こす事もあります。
特にバジルやブラックペッパーは皮膚刺激があるので、避けなければいけません。
もし間違えて使ってしまった場合も、すぐに自分の体や赤ちゃんがどうかなるという訳ではありません。強い薬を飲むのとは違うので、それほど深刻に考える必要はありません。

 
アロマテラピーで心をリラックスさせ、マタニティーライフを楽しめるなら問題はありません。
しかし香りがきついので、場合によっては悪阻を増進させる事もあります。

オススメの使用方法

| 未分類 |

さて、あなたの家にあるドレッサーの棚の下などに、購入してみたものの使わないまま放置してある化粧品などはありませんか。特に基礎化粧品は少し使ってみたものの、使用感が気に入らず残っているものは多くあるかもしれませんね。

 
しかし一度開けてしまったものは人にあげるのも気が引けます。かと言って、そのまま廃棄してしまうのも勿体無く、ずっとドレッサーの下で眠ったままの化粧品も多いことでしょう。

 
でも、そんな不要な化粧品を、上手に活用する使用方法があるのはご存知でしょうか。まず一つ目は、入浴の際にお風呂の湯船に入れて、入浴剤として活用する方法です。この方法であれば、ボディのスキンケアにも使用することができ、尚且つ芳香剤としても活用できるので、一石二鳥です。そして2つ目は、香りの良い化粧品類であれば、お皿などに小分けして、臭い消しの芳香剤として使用する方法です。この方法が優れている点は、市販されている臭い消しの芳香剤と違い、基礎化粧品を活用することで、よりも化学的な匂いがしないという点でしょう。これであれば、小さなお子さんがいるご家庭や、市販の臭い消しの匂いが苦手な人でも手軽に試せ、また使わない化粧品の再利用としても一石二鳥ですね。

彗星

他オイルとのオススメのブレンド

| 未分類 |

アロマオイルを自宅で作成する際は、ほかのオイルやハーブなどのブレンドが欠かせません。しかしこれ等の作業は意外に手間と時間がかかり、一度で成功するということはほとんど無く、ときとしてじっくり時間を掛けて試行錯誤するのが一番の近道であったりすることがあります。特にスパイシー系のハーブはその刺激的な匂いや使用感から、当たり外れが比較的大きく、人によっては上手にまるで出来ないという人もいるかもしれませんね。

 
そんな方に一度ためしてもらいたいのが、ハーブに対してのオリジナルのルールを持つことです。例えばオイルとハーブを混ぜあわせた際は、必ずメモを取り、どのハーブ系がどのオイルに一番馴染んだか、自分はこのオイルとの組み合わせが一番しっくり来た等、作成のメモを細かく記入しておけば、その試した結果の中に特定の物が見つかりやすくなります。そうしていく内にベストマッチのアロマオイルの自分だけのルールをつくり上げることが出来、後から再度同じものを作成するときにも大変役立つことでしょう。

惑星
また家族や友人にハーブの感想を聞いた際などにも、これ等の感想のメモをしっかりと取っておくことで、その人にプレゼントする際などにもとても役立つことになるでしょう。

購入時の注意点

| 未分類 |

精油は大量の植物の成分を一本のボトルに凝縮して注入したものです。

 

いわば、植物の生命エネルギーそのものですから、なるべくフレッシュなものを、鮮度の高いうちに使い切るようにしましょう。購入する時には、ラベルをチェックして製造年月日や使用期限を確認し、なるべく新しいものを選びましょう。陳列棚の奥の方に新しい物が置いてあることが多いので、よくチェックせずに手前の商品を選ぶことはせず、複数の商品を見比べて確かめましょう。

 

また、購入したものを使う際には、パッケージやラベルに使用開始日を記入しておきます。精油は開封した時から劣化が進むので、いったん封を開けたら、使用期限にかかわらず早目に使い切ることが大切です。封を開けた日はつい忘れがちなので、ラベルに日付を書いておけば安心です。一般的に、開封後は柑橘系に精油で2~3カ月、その他の精油で半年以内に使い切るのが良いと言われています。

 

精油は高価なものなので、使い切れないものがあってもつい勿体ないから、と使ってしまいがちですが、劣化した精油は身体に悪影響を及ぼし、アレルギー等の症状を発することがあります。一度アレルギーを発症してしまうと、もう二度とその精油が使えなくなってしまうこともあるので、常に精油は新鮮なうちに使いきり、古いものは速やかに処分しましょう。

雷

うっ滞除去作用

| 未分類 |

健康の悩みは人それぞれ違いがありますが、リンパや静脈などの体液がうまく循環せずに滞ってしまう状態で悩まれている方も少なくありません。木の実

こうした症状があると健康にも美容にも悪い影響が出てしまう場合がありますので、改善させておきたい症状です。

運動やマッサージ、むくみを取るのに役立つソックスなど、改善のために様々な努力が行われています。

 

 

そしてこうした際にもアロマは役立ってくれますので、うっ滞除去作用成分のある精油を選んでいきましょう。

うっ滞除去作用に良いとされている精油には様々な種類があり、カモミール・ジャーマン、サイプレス、ジンジャー、サンダルウッド、むくみを取り去る作用のあるジュニパーなどがあげられます。

 

 

使用方法はキャリアオイルに精油を落とし、マッサージオイルにしてリンパマッサージなどを行うと良いでしょう。
このほかにも、バスオイルなどに希釈してお風呂で利用するという方法もあります。

 

 

精油は単体で利用するのも良いですが、うっ滞除去作用のある精油をいくつか組み合わせて利用するのも効果的です。

精油をマッサージや入浴で取り入れる方法はアロマの利用方法でも手軽に行えるものですので、体質改善に役立てていきましょう。

肌への効能

| 未分類 |

汗にはさまざまな役割があり、汗を出す汗腺にも種類があります。

 
たくさんの汗をかいているのにさらっとしたものはエクリン汗腺から出たものです。99%が水分であり、体温調整をしたり肌表面の殺菌作用にも役立つ大事なものです。基本的に臭いはありませんが、汗をかいたまま放置をしておけば汗臭いにおいが発するものです。

木03
一方、べたっとした汗はアポクリン汗腺から搬出されるものです。エクリン汗腺には独自の穴がありますが、毛穴を利用して搬出されるものです。水分量が少なく、たんぱく質や尿素、アンモニアや蛍光物質、脂質や鉄分などたくさんの老廃物を含んでいるので粘度が高く、洋服の脇じみや黄ばみの原因となるものです。他にも、動物には縄張りを守るために発達していますが人間にも退化したと言われるもののフェロモンの働きをする芳香化合物も含まれているので、汗は一概には悪い体臭というわけではありません。ただ、アポクリン汗腺から出た汗は、皮膚表面の雑菌と合わさることによってくさいにおいを発することがあります。エクリン汗腺から出たものと違って、アポクリン汗腺からはわきがのにおいがします。

 
同じく毛穴を利用して肌表面に搬出されるものに皮脂腺があり、皮脂と呼ばれる脂肪を分泌する部位です。カサカサ肌を防止する働きがありますが、たくさん分泌されればオイリー肌にもなってニキビの原因ともなります。

身体への効能

| 未分類 |

アロマオイルは植物の香りを楽しむだけではなく、身体への様々な健康作用を感じることが出来ます。例えば体に溜まった老廃物を排出するデトックス効果を期待するならばグレープフルーツやペパーミント、ブラックペッパーなどの香りがおすすめです。アーモンドオイルやホホバオイルなどのキャリアオイルと呼ばれるオイルで希釈してマッサージに使用すると更にデトックス効果を感じるでしょう。

木02
また、風邪を引いたときや花粉症などで鎮咳作用を期待したい時はラベンダーやユーカリなどがおすすめです。炎症を鎮めて痰を排出しやすくなります。また小さい子供がいる家庭ではラベンサラと呼ばれるアロマオイルもお勧めです。体に優しい使い心地ながら優れた鎮咳作用を発揮します。

 

そして更年期やPMSなどでホルモンバランスの乱れを感じている女性には、ローズオットーやローズウッド、ジャーマンカモミールなどの優しい香りは女性ホルモンのバランスを整えてくれるため、頭痛やのぼせなどの不快な症状やイライラなどの精神的な悩みの解決に役立てることが出来ます。ホルモンバランスの乱れが気になる場合は、入浴時にアロマオイルをバスタブに垂らす芳香浴や、眠る前にアロマディフューザーなどを使った芳香浴がおすすめです。

心への効能

| 未分類 |

木01

 

エッセンシャルオイルの「シダーウッド」に多く含まれているセドロールとは、ヒノキ科やスギ科の樹木の香りに含まれている物質のことを言います。
森林浴へ行ったときの澄んだ空気と清涼感に満ちた匂いを想像して頂ければわかりやすいと思います。

 

 

心を冷静にしてくれる香りなので、リラックス出来て眠りを良くする効果があります。
セドロールが成分として含まれているヒノキのお風呂に入ると、体の緊張が緩和されて、そのまま心地よい脱力感が続き自然な睡眠に繋がるのです。

 

 

日常の生活で欠けては困る体力や思考、集中力、筋肉の働きに大きく関わってくるのが睡眠なので、なかなか寝付けないとストレスになってしまいますよね。
そうしてイライラするとかえって神経が高ぶり、余計に目が冴えてくるという悪循環になります。
そんな時は、セドロールが入ったエッセンシャルオイルをお湯の入った器などに数滴たらし、ふわりと香りが充満した頃には神経が落ち着き眠れるようになります。

 

 

ある実験では、睡眠薬と変わらない程に睡眠促進の効果が証明されているようです。

 

 

さらには、心拍数と呼吸を鎮める作用もあるので、低下していた忍耐力・集中力を回復します。
自然の物質で癒されましょう。

主な芳香成分とその作用・効能

| 未分類 |

アロマ精油のサイプレスの芳香成分は、モノテルペン炭化水素類のα-ピネン・モノテルペンアルコール類のテルピネン-4-オール・セスキテルペンアルコール類のセドロール・エステル類の酢酸テルピニルになります。

 

サイプレスの木はキプロス島に多く見られる植物になります。香りは樹木系でフレッシュなグリーンのなかにシトラスの香りがします。

 

サイプレスの作用は、成分のセドロールの作用によって心拍数や呼吸を整える働きがあり、高揚している感情をクールダウンさせる働きがあります。

木

体全体のバリア機能を高める働きがあり、免疫力を高めて咳や喘息などを抑える効果があるといわれています。

 

体内の水分調節をする作用もあるので、むくみの改善効果もあるといわれています。

 

ホルモンバランスを整える作用があるので、生理痛・月経不順・PMS・更年期障害など女性ホルモンの影響でひきおこる女性特有の病気を改善させる効果も期待することができます。

 

体臭や発汗を抑える効果もあるのでフットバスなどにもよく使われます。収斂作用があるので毛穴を引き締めて余分な皮脂の分泌を抑える働きもあるといわれています。

 

サイプレスと相性が良いエッセンシャルオイルは、ジュニパーベリー・カモミールなどになります。